関節なめらか研究所

私の痛めたのは

ひざを痛めてしまいました。農作業をしているとき起きた出来事が原因です。

私が痛めてしまったのはひざです。痛かったのは20代半ばからオズグッド(成長痛)があり、立ち仕事が辛かったりと言う事もありました。それをさらに悪化させたのは去年でした。年ですが、私は33歳です。男です。

痛み出した原因は最終的にではありますが水田の草取りをしていた時、ぬかるみにはまり、無理やり引っこ抜いたことが原因でした。その事で普通にはまっただけではなく変な感じではまったので泥の中から足を外しにくくなるという所で、変にしかも無理やりはまった事で悪化しました。

あまりの激痛に、病院で検査したところ、ひざにある半月板が割れてしまっていることが判明しました。

そのあまりにも痛い激痛ゆえに病院へ行ってCTやMRIも取って調べてもらったところ、半月板が割れており、さらに言うとその半月板が割れてできた隙間に水が溜まってしまっていたと言う事でした。

整形外科の先生から「たまってる水を抜きます」と言われたとき、「水を抜くのは癖になると言う事を聞いたからやめてくれ。他の方法にして下さい」と言ったのですが、「そんな生易しいものじゃない。もし今抜かなかったら痛みは収まらないし更なる激痛に襲われる。多少水の抜くと癖になるというのは本当だが、今は水を抜かなければならない状況だ」と言われて水を抜き、その隙間にヒアルロン酸を注射してもらいました。はっきり言って「この世のものとは到底思えないほどの半端じゃない激痛」でした。

更に整形外科の先生から「水田の仕事は考え直した方がいい」と言われ「やるやらないはもちろん私の判断するところだが、これ以上続けるとはっきり言って膝だけではなく下半身全体に症状が悪化した形で出てくる。例えて言うなら左ひざをかばって右の膝にも負担がかかる。体が左半身の膝をかばうため、右半身にも最悪は影響が及んでくる」と言われました。

医師に農作業を止めたほうがいいと指導され、今は清掃などの仕事をしています。

そういう事で畑仕事もできなくなりました。今は清掃とかベッドメーキングの仕事とかを長い時間にならない範囲で掛け持ちしたりとかして生計を立て、何とか口に糊する生活を送っています。

ひざを悪くしてしまったのは、多分体重にも問題があったと思われます。大学卒業までは60キログラム弱で済んでいたものが、卒業して何年かたったら一番重い時で83キログラムあった時もあったのです。

皆さんも20キログラムも太ったら体の色々な部分に異変が起こることは想像がつくと思いますが、実際にそれが起こったのです。それでなくともスタミナやパワーには自信がある方ではなかったため、どんどん体を悪化させてしまっています。

色々体重のダイエットとかをしてひざに負担をかけないようにはしていますが、それでも痛みは引いてきましたが痛み出すこともあります。
皆さんお気をつけてください。