関節なめらか研究所

母の日のプレゼントとして

祖母が加齢で足が弱っていたので、心配になりグルコサミンサプリメントを通信販売で購入しました。

36歳の主婦です。母の日に、グルコサミンのサプリメント「ふしぶし快調」を贈りました。祖母にも誕生日が近かったのでプレゼントしました。もともとは、祖母が加齢で足が弱ってしまい、「痛い痛い」とよく湿布を張ったりしているのを見て、購入しようかなと考えました。

祖母に「足のひざ部分に良いようだけど、飲んでみる?」と聞いているところに、母がきて「私も欲しい」と言ったのでグルコサミンのサプリメントにしました。プレゼントした当時、自分がその商品の通販会社でアルバイトをしていたので、商品は社販で購入しました。

お客さんの口コミなどで評判がよいので、親にも薦められるというところが、購入した理由のひとつです。

最初は全く親に購入などは、考えてなかったのですが、働いているとその「ふしぶし快調」を飲んだお客さんと、稀に電話注文で当たります。その時、結構評判いいなあって感じたのが、親に購入しようと決めた理由の1つ目です。

何となく、いい口コミを聞いて「効きそうだ」って思ったんですね。まあ毎日見ていて、愛着がわいたのかもしれません。購入した2つ目の理由は、商品に含まれる成分です。グルコサミン1500mg(1日の摂取目安量)にコンドロイチンが含まれ、カルシウムとマグネシウムまで入ってたので、成分的には充分な商品だと思いました。

値段も安いのが購入の決め手です。ある程度続けるなら、コストパフォーマンスが良いものを選びたいです。

特に1ヶ月分の値段が、他の会社のグルコサミン製品より安かったので、ある程度続けるならコスパもいいやつじゃないとな、と考えて決めました。母の日に、母と祖母に「ふしぶし快調」を3袋(3か月分)ずつ贈りました。その時の反応はこんな感じでした。

これ1袋に360粒も入っていて、一日あたり12粒の目安で飲むものだったのですが、母には「一日飲む量が結構多いね~。面倒くさくなりそう」と反応されました。祖母には、360粒入りだから袋が大きく立派に見えたのか「あれ、まあ!こんなにいっぱいありがとうね!膝と足が痛いから、毎日飲んだらいいね!」と喜んでもらえました。

母も照れ隠しだったのか、1袋はテーブルに、残り2袋はひきだしに仕舞ってました。そして「こんな高価そうなの、(母と祖母の二人分も)いいのに!お金もったいないよ」と言われました。

プレゼントをしてから、実家に帰るたびに、効いている気がする。長く歩いても足の痛みが少ないと話してくれました。

黙っておくのもなんなので、「社販で買ったから大丈夫だよ。まあ、確かに飲む量多いから、食事の合間にぼちぼち飲んだらいいと思うよ。」と言っておきました。母と話している間に、祖母の方は早速飲んだらしく「4粒飲んだ!明日、朝にまた4粒飲むからね」と笑ってました。

それからしばらくの間は、実家に帰るたびに祖母から「もらったお薬(グルコサミンのサプリメントのこと)いいよ~。なんか効いてる気がする。長く歩いても足があんまり痛くないの」と話してくれました。

祖母には今まで色んなプレゼントをしましたが、今までで一番喜んだんじゃないかと思ってます。母は「貧乏性だから、少しずつ飲む!」といい、半年かけて飲んでました。良い親孝行と婆孝行にはなったと思います。