関節なめらか研究所

ランニングにはまった私が膝痛に至るまで

学生時代から運動は苦手でしたが、ブームに乗ってランニングを始めました。

私は35歳の女性で会社員をしています。私は学生時代ずっと文化部で運動は苦手で大嫌い。チームプレイなども性に合わないので、スポーツには距離を置いていました。社会人になってスノボなどのお誘いがあってもすべて断っていました。

そんな私でしたが、昨今のランニングブームに触発されて、走るのなら一人でできるし気分転換やダイエットにもいいかもと思い挑戦することにしました。始めは近所をゆっくりと走ることから始めました。丹念に準備体操を行い、走り始めますが息が切れるのはペースがあってない証拠だと聞いていたので、歩いている方が早いのではないかというペースで練習していました。

走るのが日課になると楽しくなってくるもので、調子に乗ってマラソン大会に出ることにしました。

週に2回、3か月くらい続けたでしょうか。徐々にスピードも上げられるようになり、走るのも楽しくなってきました。そこでマラソン大会に出てみることにしました。まずは10キロマラソンで腕慣らしをしようと思い、申し込みました。時間制限がない大会だったのでだいぶ時間はかかりましたが完走できたのがうれしかったです。いつかはホノルルマラソンに出てみたいなあと夢を膨らませていました。

続いてはハーフマラソンを申し込みました。こちらは途中の関門に時間制限が設けられており、その時間内に通過しないと失格になってしまうルールとなっていました。
関門通過の時間が迫り気持ちが逸ってしまい、いつものペースを乱してつい勢いをつけてしまいました。何とか関門は通過できましたが、そのあとから左膝に痛みが走り始めました。

走っていられず、途中で歩いてしまう始末・・また走り出すと、しばらくして痛み、歩き、の繰り返しでした。翌日も筋肉痛と膝の痛みで階段の昇降などは手すりにしがみついて行っている始末です。長年の運動不足から基礎的な体力がついていなかったのが原因だと思います。

マラソン大会で膝を痛め、自転車や長く歩いたりすると膝に痛みが出るようになってしまいました。

それ以来左膝の痛みが付きまとうようになりました。旅行や、ショッピングなどで1時間も歩くと左膝に違和感があります。自転車に乗っても30分も走れば痛くなってきます。自転車のほうが膝を酷使するのか痛くなるのが早い気がします。

交通費を節約するためにもできる限り通勤には自転車に乗りたいので出かける前に両膝小僧に手を当てグルグルと回す体操を欠かしません。膝を冷やさないように夏場もひざかけをして半身浴も行っています。

対策を行うようになってから、痛みはましになっていますが、楽しくなってきていたランニングは怖くてまだ再開できていません。良くなるかはわかりませんが膝をいたわりながらウォーキングを始めています。いつかまた走れるようになって念願のホノルルマラソンに出たいと思います!