関節なめらか研究所

ランニングについて

主治医に太りすぎは、糖尿病などを誘発すると言われたため、ダイエットがてらランニングを始めました。

じぶんは現在29歳の男、職業は会社員をおこなっております。自分は半年前からですが、ダイエットがてらにランニングをさせてもらっております。ランニングは有酸素運動のなかで、かなりカロリーを消費させる運動に入ります。

じぶんは昔からですが、食欲のほうが本当に激しい人間でした。現在の体形は身長が176cm、体重のほうが70kgと標準体重にちかい状態でおちついておりますが、昔は体重は100kgなどに近い体形をしており、力士にでもなるつもりなのかといじくり倒されておりました。

それが原因で当時、お付き合いをさせていただいていた女性にも振られてしまいました。それだけなら自分はまだ有酸素運動を行おうとは思いませんでしたが、病院で主治医の人にこのままいけば糖尿病などの病気を誘発してしまいますよ?頑張ってヤセてくださいといわれてしまいました。

すでにメタボリックにはなっておりますなどといわれたこともありました。それでじぶんはダイエットを半年前に決意をさせていただきました。仕事終わりなどに頑張ってランニングなどをさせていただきました。

ランニングをすると疲れてしまって、仕事との両立が難しくなってきました。

しかし、仕事の両立はほんとうに厳しかったです。それが原因で自分は仕事でミスを連発してしまったこともありました。じぶんが行っている仕事なのですが、現在では現場の仕事をさしていただいております。

昔からこの仕事を行っておりました。しかし、現在では加齢による体力の衰えなどもあります。それで関節痛などもランニングの副効果として、誘発をしてしまいました。

2人係りで荷物を運搬しているときなどに自分は腰をいわせてしまい、同僚のほうに荷物を傾けてしまったこともありました。それで信用にもかかわったことがあります。

重い荷物を運ぶ仕事なので、一緒に働く同僚にも迷惑をかけてしまいました。

大げさかもしれませんが、信用とそんな小さなものから発生をしていくのです。それで自分は現在では対策としては週末の仕事終わりと休日だけにランニングを行うようにしております。

あとはダイエットとしては最近ですが自分は姉にグリーンスムージーといわれるダイエットに活用を行うサプリメントを教えてもらったので、そちらで対処を行っております。

そのおかげで現在自分の腰痛や関節痛などはかなり軽減をさせることができました。それ以外にも仕事でも支障をきたすことなく、行うことができております。何事もほどほどが大切ということを自分は理解をさせていただきました。

じぶんはこれからも継続をして、このランニングを頑張りたいと思っておりますが、力を入れすぎないことを頭に入れて、これからもほどほどに頑張ります!