関節なめらか研究所

健康向上こそが一番の安心

実家から離れて暮らしているので、高齢の両親の事が心配です。

実家を離れ、県外で生活するようになった私(33歳、販売業)でしたが、高齢になる両親の事は常日頃から心配しています。とはいえ、まだまだ世話を掛ける年齢ではないとばかりに、逆にこちらが心配される始末なのですが(笑)。

とまあ、時折電話で会話をすることで、両親の体調や健康なんかをそれとなく観察するようにしています。そんな中、母が知り合いの紹介でパートに出るというのですから、驚かずにはいられませんでした。

少なからず、仕送りはしていましたし、諸々のローンも完済しているはずなので、日々生活するうえでお金に困るようなことは無かったはずです。よくよく話を聞いてみるとお金云々ではなく、知り合い(自営業)の助けになりたいらしく、まあ、気心の知れた友人のところでの仕事ならば、特に問題ないだろうと思っていたのですが・・。

母の右ひざと腰骨あたりに痛みがあるようで、片足を引きずって歩いている

3か月ほど経ったある日、地元で学生時代の集まりがあるというので久しぶりに実家へ帰ったのですが、どうも母が体に違和感を感じているようなのです。とりわけ、右膝と腰骨のあたりに痛みがあるようで、歩くときも片足を引きずっています。

明らかに仕事上での作業が影響しているとみられるのですが、当の本人は「大丈夫、大丈夫」の一辺倒。パートへ行く際には痛み止めを飲んで騙し騙しこなしているようですが、この仕事を続けている限り、根本的な解決にはなりませんよね。

なので、当然健康の事を考えて、辞めさせてもらうことを提案したのですが、知り合いに迷惑を掛けたくない一心でそれを拒み続けます。うーん、割と頑固なところがあって、一度言い出すとテコでも動かないことを十分に理解している私。

そうなると、別のベクトルから解決策を見出さなければなりません。そこで、たどり着いたのが、サントリーのグルコサミン&コンドロイチンだったのです。

地元の集まりに行ったときに友人から勧められたグルコサミンサプリメント。

実は、地元の集まりに参加した際に、友人から勧められたのです。その友人の両親も膝関節に痛みがあって、こちらの商品を摂取するようになってからというもの、とても調子が良くなったそうなのです。というわけで、早速ネットで注文し、実家に届くように手はずを整えました。

後日、無事に届いたことを母から聞き、これから毎日飲むことを約束してもらいました。母は、年齢や健康に関してやたら気にするというか、心配をかけまいとする性格が前面に表れています。

なので、正直この贈り物が裏目に出るかもしれないと思っていたのですが、意外とすんなりと受け入れてくれまし、話しぶりからはとても喜んでいることが伺えました。

たぶん、自分の健康を向上させる事こそが、一番の私の安心に繋がっているということを理解しているのでしょう。また、単純に自分の健康を気遣ってくれることが嬉しかったのでしょうね。いずれにしても毎日のように摂取してくれた結果、今ではすっかり痛みも取れて、仕事も順調にこなしているそうです。