関節なめらか研究所

グランドゴルフに打ち込む祖母が膝の痛みに襲われた体験談

町内会のメンバーとグランドゴルフに行くのが趣味の78歳の祖母

これは一緒に暮らしている78歳の祖母が体験した話です。数年前から、町内会のメンバーとグランドゴルフに出かけるのが趣味になった祖母。それまで専業主婦だったせいか家にこもりがちで友人もなく、手先が器用なことを活かし部屋で雑貨づくりをして毎日過ごしていました。

fa

しかし、やはり寂しかったのか、町内会の催しに思いきって参加するようになって友だちが増えてからは、以前よりも明るくなり積極的に外出するようになりました。

グランドゴルフの道具も自分で一式買いそろえ、毎日張り切って練習している様子でした。定期的な運動のおかげか、ふっくらしていた体型もだんだんスリムになり、「身体も心も健康になってきているんだなぁ」と思うと私も嬉しくなりました。

グランドゴルフをしているときに負荷がかかっているのか、膝に痛みが出始めたようです

しかし、全く運動していなかった状態から急にグランドゴルフのようなスポーツをはじめたからか、膝に多少負担がかかっていたようです。お年寄り向けのスポーツといっても、普通のゴルフのようにちゃんとコースがあり歩くことが多いので、どうも足への負荷がかかっていたようで、始めて数か月も経たないうちに痛みが出始めた様子でした。

もともとふっくら体型だった祖母。負けず嫌いな性格も手伝って、少々無理をし過ぎてしまったのかもしれません。年齢も年齢なので、痛みがひどくなると大変なことになると、家族みんなで説得して自宅で療養してもらいました。

家の中でもあまり歩かせないようにして、もちろんグランドゴルフも参加禁止。無理な運動で痛くなったのなら、少し休めば治まるだろうと考えてのことでした。しかしグランドゴルフに行けなくなった祖母はとても悲しそうで、膝の痛みよりも町内会の友だちに会えないのが辛いようでした。

グランドゴルフ参加禁止になった祖母は、とても悲しそうでしたが、心を鬼にして療養に集中するように説得しました

実はグランドゴルフが終わったあとは毎回みんなでカラオケに行ったり、お酒やご飯を楽しんだりしていたそうです。そこに参加できない自分、置いてけぼりになる自分がイヤだったのかもしれません。せっかく70代になってから新しい友だちができて楽しい日々を送っていたのに、また家の中に引きこもる毎日…それが辛かったのでしょう。

見ていて私も悲しいような、申し訳ないような気持になったのですが、無理に参加して膝が悪化しても困る…。私は心を鬼にして、療養に集中するよう祖母に念を押しました。とにかく膝をあまり動かさないようサポーターを巻いてもらい、冷やさないようひざ掛けをかけ、なるべく安静にしてもらいました。

膝の痛みが軽くなったので、無理はしない約束でグランドゴルフにいくようにした祖母

するとしばらく経ってから症状が少しずつ改善し、歩くときも痛みがほとんどないくらいに回復したので、無理は絶対にしないという約束で無事にまたグランドゴルフに行けるようになりました。

以前と同じように、毎日楽しく町内会のメンバーとワイワイやっているようです。膝の痛みはけっこう辛かったようですが、それをきっかけに本人も過度な運動はしないよう気をつけているようなので、こちらもあまりうるさく言わずのんびり見守ろうと思います。