関節なめらか研究所

野球による肘の痛み

学生時代、野球部に所属していましたが、肘の痛みに悩まされました

野球をやっている人で肘に痛みを抱えている人は多くいると思います。ここ最近ではダルビッシュ選手がトミージョン手術をしたというニュースが話題になったので、野球と肘に対する関連性は多くの方が認知しているのではないでしょうか。

そして私も中学生の頃、男子野球部に所属していたのですが、すぐに肘が痛くなりました。痛みのあまり、ボールを投げることもできませんでした。中学生になり、野球部に入って、これから頑張るぞ、という気持ちになっていた時なので、ボールが投げられなくなってとても落ち込んでいました。

病院には行きましたが、触診だけで終わり、様子を見ても一向に良くならないので、私は野球部を退部しました。退部したのはいいのですが、肘の痛みが取れたわけではありません。

大学の時は、常に肘が曲がってしまっている後輩がいました。痛みを無視して野球をやった結果だそうです。

なので、他のスポーツもすることができませんでした。例えば、テニスも思い切り腕を使いますよね。そうなるとラケットなんか振れないですし、物寂しい中学生活を過ごしたことを覚えています。

そして、私の話ではなく、大学の時に、常に肘が曲がっている後輩がいました。彼に理由を聞くと、小学校から高校まで、ずっと野球をやっていたからだそうです。肘に痛みは感じていたものの、彼は無理をして野球を続けたらしいです。その結果として、肘がまっすぐに伸びない腕になってしまったそうです。

まっすぐに伸ばそうとすると、今でも痛みがあるそうです。ずっと痛みとともに生活をしてきたようなので、痛みにはだいぶ慣れているようでした。ただし、日常生活においても支障が出ていると彼は言っていました。

服を着るときなど、肘を伸ばす瞬間に痛みがでたりするようです

例えば、服を着る時です。上着やなんかを着るとき、どうしても腕を伸ばす瞬間にはいたみがあるそうです。その他にも、冬、気温が冷えてくると、特に体を動かしていない時でさえ、肘が痛くなることがあるらしいのです。

私は、肘が痛くなってからすぐに野球をやめたので、高校に入った頃にはすでに肘の痛みはなくなっていました。痛みがあった当時は、痛みのせいでとにかく辛かったのですが、自然と治ってしまい、不思議です。

後輩は肘の痛みのために、テーピングがかかせないので、テーピング代金もかなりかかっているようです

今では特に違和感があるわけでもないので、自然に腕を伸ばすことができます。なので、私の場合は特に対処などする必要もないですし、対処もしてこなかったのですが、その大学の後輩は、冬、あまりにも肘が痛い時は、腕があまり動かないように、テーピングで肘のあたりをぐるぐる巻きにしていました。

そうすることで、日常生活に支障が出ないよう対処していました。テーピングといても、かなりの量を使うので、テーピング代もなかなか馬鹿にできない出費になっていたそうです。