関節なめらか研究所

ジョギング時の膝の痛み

体型維持と運動不足解消のため、ジョギングを始めました

30歳を過ぎて普段の生活から運動ということも離れてしまい、身体のたるみも感じるようになってきてしまったので、何か始めなければと思い選んだのがジョギングでした。

また同僚と冗談交じりで応募したマラソン大会に抽選で見事?当選してしまったこともあり、自分の身体を鍛えなおすいい機会だとも考えていました。私は中学高校と陸上競技の短距離をやっており、大学ではアメリカンフットボールをやっていました。

アメフトは非常に怪我が多いスポーツですが、自分は幸いなことに、少し苦労したのは足首のねん挫と肩の亜脱臼ぐらいで、それ以外は中期の休養やリハビリが必要な怪我は経験しませんでした。

ねんざ癖がついて、ちょっとしたことで足首をひねってしまう様になりました

ただ足首の関節は捻挫癖がついてしまっていてゆるゆるのため、ジョギングをしていても段差などですぐに足首をひねってしまうということは何度かありました。ただ、それも気を付けて走れば防げることなので、そんなに気にすることでもありませんでした。

フルマラソンを走るに当たり、短距離といえど陸上部出身なので、それなりの記録で走りたいと思い練習計画を立てました。練習計画を立てること自体が久しぶりで懐かしかったのもあると思います。

期間は4か月弱という短い時間でしたが、短い距離から徐々に距離を伸ばしていく計画を立てました。運動をやめて10年ほどブランクがあったので、無理をして壊してしまっては意味が無いと思い、最初はかなり慎重に体をならすことに重点を置きました。

ストレッチをしっかりやるようにしていましたが、膝に激痛が走りました

また身体は柔らかくないのに、ブランクでさらに硬くなっていたこともあったので、ストレッチなどは入念に行うようにしていました。最初のころは少し走るだけで苦しく、練習は拷問のように感じていましたが、1か月ほど経つとすこしずつですが身体の感覚も戻ってきたようで走るのもだんだん楽しくなってきました。

そんなある日に走っていると膝に激痛が走りました。前触れもなく突然だったのでびっくりして、その日は走るのをやめて歩いて家に戻りました。少し休めば治るかと思い、1週間ほど空けて走ってみると、また前ほどではないものの膝に痛みが走ります。

そのときに思い出したのは中学時代の膝の怪我でした。レントゲンでとっても異常はなく、そのときはハリ治療で治したことを思い出しました。膝の軟骨に傷が入っているということで、高校時代もその怪我にたまに悩まされました。

接骨院で電気治療など、だましだましでフルマラソンに挑みました

大学はスポーツも違い、長時間走ることも少なかったからか症状は出ることがなかったのですが、社会人になって再発してしまったようでした。結局はなんどか接骨院で電気をあてたりして騙し騙しで本番のフルマラソンに臨みました。

目標タイムには少し届かなかったので、また挑戦しようと思っています。ただ、膝の痛みは今後も続くのでうまく付き合っていくしかないなと思っています。