関節なめらか研究所

知識があったので対処できました。

急に右足に違和感が。膝に力が入らない状態になってしまいました。

53歳整体師です。ある日の朝、ベッドから起き上がろうとして床に足を着いたらなんだか右足が変?なんだろうと思ったとたん、膝に力が入らなくなり床にしりもちをついてしまいました。

膝を確かめてみるとひざ裏がむくんでいて、関節を動かそうとするとなぜかとても痛い。ゆっくり伝い歩きをして椅子に座ってから、原因を考えました。そうだ、その2~3日前に家庭菜園用の耕耘機を使い、その時は気付かなかったけど使い慣れないせいで変なところで力が入って腰が痛くなったんだった。たぶんその腰をかばうために普段しないような変な歩き方で、夫に指摘されたんだった。これが原因か。

仕事の知識が役に立ちました。患部を冷やしたり、固定するゴムを巻いたりして、痛みが軽くなりました。

普段整体の仕事をしていますので、すぐに対処しました。おそらく病院に行っても痛み止めと張り薬を司法されるだけだと思い、自宅で何とかしようと思いました。まずひざ裏がむくんでいるより腫れているのでともかくアイシング、膝の横を押してみるとひどく痛いスポットがありました。ここは当日は触らず、アイシングを20分間、一日に3回やり、サポーターよりも一段きちんと固定したいので平たいゴムを巻き取り合えず固定しました。

次の日は熱を持っていなかったのと少し痛みが治まったのでちょっとした運動をすることにしました。おそらく変な歩き方をしたせいで膝に負担がかかり、靭帯も影響しているはずなので、膝の関節をきちんと固定してむしろ動かしてやることで関節の位置を治せば靭帯に負担がかからず痛みも腫れも収まるはずとふんだのです。

この後かまぼこ型の整体で使う枕に膝を載せて、娘にちょっとだけ体重をかけてもらいコロコロと転がしてもらいました。初めは飛び上がるくらい痛いのですが、腫れているところに熱を持たないか確認しながら初めは1分、半日おいて2分というように少しづつ動かしていきました。

少しずつ痛みが軽くなり、動きやすくなりました。歩き方の矯正のためトレーニングも行いました。

たちあがってスムーズに動けなかったのですが、2日もしたら軽くなってきました。腰の方も直さないとまた変な歩き方で負担がかかりますので、骨盤回りにもゴムを巻いてフラフープ運動をしてみました。やはり腰のカーブがなくなっていて背中も痛かったのですが、動けるようになってからやった体操で、かなり軽くなりました。

結局、痛みを解消するまでには1週間ほどかかりましたが、これはまだ知識があって対策で来たの医療費もかからずに済みましたが、おそらく何もしなければもっと時間はかかったはずなのです。

知識で助けてもらいました。ですがこれを教訓にして、力仕事や普段やりなれないことをするときには初めから負担がかかりそうなところにサポーターを巻くなどして予防に努めたいと思いました。