関節なめらか研究所

運動不足解消のため、ウォーキングとジョギングを始めました。

プログラマーの私は、デスクワークで体を動かさないので、腰が痛くなります。

まだまだ若いとは思っていますが、私は現在50歳、男性です。職業は、コンビュータのプログラマーです。仕事のほとんどは、デスクワークです。なので、運動が必要と思っています。

運動しないと、体がカチコチになって、体調を崩します。若い頃は、がむしゃらに仕事中心で、運動もしないで、ひたすらデスクワークをこなしていました。

でも、あるとき、体の節々が痛くて、とくにひどかったのは腰です。ぎっくり腰になったことも何回かあります。腰がやられると、どんどん派生して、膝や肘も痛みが出るようになりました。みんな繋がっているからだと思います。

座っているだけのなので、肘も痛くなります。パソコンのキーボードを打っているのが原因です。

体の中の一つの変調の原因が連鎖して、あちこちやられていくというイメージです。肘が痛くなった原因としては、パソコンのキーボードの打ちすぎです。

手首も痛くなったりしますが、肘にも負担があって、仕事の時間が長くなると、痛みます。対処の方法としては、一時間キーボードを打ったら、少し休憩すること。小刻みに休憩を入れて、リラックスすることで、改善します。

また、腕をキーボードよりも少し高めの位置にしています。そうすると、肘への負担が少なくなるように思います。キーボードよりも肘の位置が低いと、負担が大きいです。

膝の痛みの原因は、運動不足による筋肉のゆるみだと思っています。

それから膝の痛みの原因は、確実に運動不足による筋肉のゆるみだと思っています。ずっとデスクワークしていて、全然歩かないことがよくありません。会社への通勤も短い距離なので、ほとんど歩きません。

そのうえ、全然運動をしないから、体がなまって、筋肉が弱るのは当たり前ですね。それで考えを変えて、いろいろと運動することにしています。

最初は歩くこと。単に歩くだけでなく、走ることも入れて。そのうち、歩いたり走ったりすることが面白くなり、目標をもったほうがいいと考えるようになりました。

少しずつでも、運動をするようにこころがけました。ウォーキングサークルで仲間も見つけました。

また、仲間がいたほうが一緒に楽しめます。そこで、ウォーキングやジョギングのサークルを見つけ、この会員になりました。

今では毎朝、天気の良い日は仲間と一緒に街中の広めの公園などで、歩いたり走ったりしています。私の目標としては、体重を五キロ落とすことです。体が軽くなれば、膝への負担が軽くなります。体重を落とすことで、成人病の予防にもなりそうです。

マラソン大会に参加するのが大きな目標です。

今すぐは無理ですが、ゆくゆくはマラソンに参加することが大きな目標です。そのためには膝の痛みをなくして、体をもっと鍛えたいと思っています。

効果は出ています。日々、膝は回復傾向です。肘も注意しているので、なんとか大丈夫です。ただ、やりすぎると、逆に痛さが増しますね。

先日、ジョギングしているときにちょっと走りすぎて、膝が悪化。自分の体の限界を見ながら、いたわりながら、楽しむのがいいですね。