関節なめらか研究所

体を洗う事の不便さと洗濯機から洗濯物を出すときの苦痛。

h3>いつも元気な母が関節痛で困ったと連絡が来た

私の母69歳。女性。無職です。私の母が肘の関節痛で困ったと連絡が来て対処した時の流れをまとめたいと思います。私の母は69歳にしてはとても元気だと思います。過去に大きな病歴や入院もなく、現在も毎日1時間半は歩いているので、今時の若者より(20代~30代)の人より体力があるんではないかと思ってしまうほどに元気な女性です。

買い物や家事は当然の事ならが、旅行や運転も大好きな人なので、東京から関西くらいまでなら一人で運転をして旅行へ行く事もあります。

特に体の痛みなどもなく今までは来ていましたが、昨年突然母から連絡があって、「最近急に垢すりで背中を洗う時に肘が痛いと感じる」と言うような内容の電話でした。母にしては珍しいなと思っていまして、翌週に久々に実家に顔を出してみる事にしたのです。

お風呂で背中の垢すりをするときに、背中に腕をまわすと肘が痛いとの事

その時に母から詳しく話を聞くと!お風呂の中で垢すりで背中を洗う時に背中に垢すりタオルを回して、両手で垢すりタオルの両はじを掴んでゴシゴシとする時に右肘に痛みがあるとの事でした。

それと同時に最近急に洗濯機から脱水が終わった洗濯物を出すのがきつくなったと言うのです。実家の洗濯機は全自動ですが、乾燥機が付いていないオーソドックスなタイプの物なので、手を伸ばして中の洗濯物を出す必要があります。その時に背中を洗う時と同様で、肘が痛むとの事でした。

母の周りの友人に話したら、そんな症状が出たのは本当に遅いほうだし、その程度の痛みは誰にでもあると言われてしまった様です。

しかし、今まで肘の関節や膝の関節の痛みなどを経験した事のない母は一気に不安になったとの事でした。このまま肘が痛くて伸びなくなったらどうしようと?

いつも元気な母は、肘の痛みに不安を感じていました。さっそく病院を調べて受診するようにいいました

みた感じは早急にどうにかすると言う感じはなかったので、後日私がネットにて評判の良い整形外科を検索する事にしました。検索したあげてから数日後に母は一人で整形外科を受診してきたと連絡がありました。

レントゲンなどを使ってみてもらったそうですが、特に問題なく、以前受けた区の健康診断でも骨密度に問題もなかった事ですっかり安心した様ですが、先生から痛みが激しい時は電気をかける治療もあるし、痛みを和らげる注射もあると言われて、もしもの時にはその様な手もあると精神的安定から痛みは落ち着いたそうです。

病院で医師から診断をしてもらったことで、母は安心したようです。

ただ、洗濯機がかなり使い込んだものでしたので、その事を機会に全自動で乾燥までついている座った姿勢で洗濯物が取り出せるものに変えたそうです。痛みの原因を避ける事も大切だと聞いていて思い切って洗濯機を新しくしたそうです。

背中を洗うのは週に1度のペースで父に洗ってもらっているそうです。早めの対策で早めの改善が出来たので、大事に至らなく良かったと思いますが、これからも肘の関節痛に良いとされるものの情報をゲットして母に伝えたいと思います。