関節なめらか研究所

5,000歩歩くと痛いです

ダイエットをかねてウォーキングを始めました

現在34歳の女で会社員をしております。最近太ってきて左膝が痛くなってきたのでウォーキングを始めようと思い、ダイエットもかねてウォーキングを始めました。

ウォーキングをはじめ、少しずつではありますが痩せてきました。そこで図にのって今まで歩いてきていた以上、5,000歩毎日歩くようにすると、右の膝が痛み出したのです。

最初は、太りすぎて痛かった左膝を庇うような歩き方になったせいで、右膝が痛くなったのかもしれないと思い、歩くときの姿勢や幅、足のつきかたなど工夫するようにしました。

ウォーキングを始めてから、膝の痛みに悩まされるようになりました

しかしそれでも足の痛みは改善されなかったのです。太っているときには随時左膝が痛かったのです。朝立ち上がってから会談を降りるときも痛く違和感があり、軽い鈍痛レベルの痛みでした。

右膝の痛みはそれとは違い、朝起きたときは痛くないのです。階段を登ったり降りたりしているときも違和感や痛みはまったくありません。それどころか、踏み台昇降を三十分していても右膝は痛くないのです。しかし、ウォーキングをしているときだけ、5,000歩を超えた辺りから膝に痛みを感じるのです。

歩けない、というレベルの烈しい痛みではありません。歩くことに支障がないレベルなので逆に厄介なのです。そして、疲れた際どこかで休憩しよう、と飲食店などに入り椅子に座ります。

歩けないほどの激痛でないのが困り物です

コーヒーなどを飲み、さてウォーキングを再開するか、と立ち上がった瞬間、今まで膝が固まっていたのでしょうか、立ち上がると右膝に激痛が走るのです。たまに「いててて」と言葉に出てしまいます。

立ち上がるとあとは問題なく関節痛もなくなるのですが、ごくたまにだけ座って立ち上がるときに激痛が走るのも難儀なものです。毎日激痛が走るのであれば、こちらもそれに気を使い膝が痛くないような立ち上がり方やゆっくり立つなどするのですが、急に何かの拍子にきますので、こちらの心の準備ができないまま痛みがありビックリしてしまいます。

たくさん歩かなければ痛みは出ないものの、いつ痛みがくるのか恐れながら生活しています

歩き方が悪いのかも、と自分の靴の裏の擦り切れ方なども確認したのですがおかしなところはありませんし、人に歩き方をみてもらってもおかしいところはない、と言われます。

一度病院で診てもらったことがあるのですが、特に問題はないと言われそのまま返されました。膝の関節が変なのかな、とも思いお風呂などでマッサージをするようにしているのですが効果があまり感じられません。

5,000歩歩かなければ痛みがでないので、歩かなきゃいいじゃんという結論に達してしまいそうなのですが、仕事もありますし、歩かないというわけにもいかず、5,000歩を超えた辺りで徐々に出始める右膝の痛みに恐れながら毎日を過ごしています。