関節なめらか研究所

肘を2ヶ月半可動制限してから肘間接近辺が痛むようになった

仕事中に転倒し、鎖骨と肩の関節を骨折しました。

41歳男性の会社員ですが現在は怪我で休職させてもらっています。というのも原因は仕事中、脚立に乗って作業をしていたら転倒し、左肩を強く打って左の鎖骨部分と左肩の間接部分を骨折してしまい、それがまだ完全に治っておらず治療中だからです。

治療法は手術ではなく肩から背中にかけて拘束バンドを巻く保存療法をしたんです。これで腕の可動域を制限して安静にし骨をくっつけようっていう方法ととってくれました。経過は順調で2ヶ月半後には拘束ベルトを取ってそろそろリハビリを始めようといわれました。もちろんこの時まで肘に関する痛みはありませんでした。

リハビリを開始するも、肘の痛みがなかなか治りません。

いざリハビリするようになって腕の上がらなさにビックリしましたが、もうひとつおかしいと思ったのは肘関節の痛みです。2ヵ月半拘束バンドで腕を開く動作が出来なかったので、最初は筋力の衰えから痛みが出てるんだろう、そのうち治ると思ってたんですが全然治らないんです。

最初は90度までしか上げらなかった腕も一ヶ月もすると150度ぐらいまで上がるようになったんですが、間接部分は一向に治らないんです。
左手を外に開こうとすると痛みが生じそれ以上広がりません。正常な右腕の可動域を比べると差は歴然です。また肘関節を曲げたり伸ばしたりでも肘関節の中央部に痛みが走るんです。痛みだけでなく力も入らないって感じです。

病院のリハビリにも通ってるのでリハビリの先生にも相談はしたんです。腕や肘を回したりして様子を見てくれたりしたんですが、先生も私にはこれは原因はわからないですとあきらめられました。

肘の痛みは原因不明。リハビリもはかどらず、困り果てました。

骨折の診察をしてくれてる整形外科の先生にも、骨だけでなく肘関節が痛くて腕が思うように動かない、特に腕を外に広げようとすると痛みが走る、力が入らない等の症状を訴えたのですが、首をかしげるばかりですし、これにあった治療法など教えてくれませんでした。

リハビリの先生はわからないなりに色々してくれたんですが、整形外科の先生は肘間接の痛みを訴えても右から左って感じで、肩が完全に治って腕が動くようになれば動くんじゃないって感じで全然真剣には聞いてもらえませんでした。

幸いリハビリの先生が、私ではわからないですが当病院は怪我での骨折だけでなく脳梗塞によるものも対応してるので専門じゃないのでわからないだけかもしれない、市内の●●っていう整形外科病院はこういう事故による整形専門でやってるのでウチの整形外科の先生や私よりノウハウも当病院よりもあると思うので行ってみてはどうか?と勧めてくれました。

他の病院を紹介してもらい、専門医の診察を受け始めました。

私は自営業をしてるせいか、お客様に他店を勧めるってことは絶対しない(お客様にとって他店の方が良かったとしても)ので、この先生は本当に私のことを思って言ってくれてるんだなと感じ、リハビリの先生の教えてくれた整形外科病院で診察をしてもらいました。

お勧めの整形外科病院で診察を受けた結果、MRIをとってきちんと診断した方が良い(以前の病院ではMRIはとらずレントゲン検査だけでした)、怪我の仕方からすると神経への影響も可能性があるってことでした。

まだこの整形外科病院のリハビリは受けてませんし(予約を取れたが未だ受けれてない)MRIも予約は取れたもののまだですが、肩と肘の診断方法が以前の病院とは別物でしたし、改善するかもと期待はしてます。ただ、現在はまだ肘関節周辺の痛みが激しく、肩関節と共に治療中です。