関節なめらか研究所

ランニングをしている時に感じた膝の痛み

健康維持のため、ランニングをしています。

私は38歳の男性で会社員をしています。35歳を過ぎて、健康維持に関心を持ち始めて、ランニングを始めました。ランニングを始めたのは去年の2月で、週に3回~5回行っていて走る距離は5キロ~10キロ走っています。

12月のある日、仕事を終えて帰宅後。夕食を食べて、いつものようにランニングを開始しました。走り始めてから約10分後、膝がだんだん痛くなってきました。走ることに影響の無い痛みだったので、ペースを落としつつ、引き続き走っていました。

膝に激痛がはしり、歩くことも辛くなってしまいました。

すると、だんだんと痛みが増してきたのでランニングを中断。走るのを止めた途端、膝に激痛がありました。普通に歩くことも辛くなってしまいました。そして、痛みに耐えながら脚を引きずるように歩いて、家に帰りました。帰る途中も痛みは続き、「次の日に病院に行こうかな」と考えながら家に向かって歩いていました。家に到着しても痛みは続きました。

とりあえずお風呂に入って体を温め、膝を揉んだりさすったりしながらマッサージをしました。身体が温まってくると膝の痛みはやわらいでいきました。入浴後は膝の痛みはすっかり治まっていました。

お風呂でマッサージをしたら、痛みはなくなった。準備運動不足でランニングをしたのが原因か?

病院に行く必要はなくなり安心しました。そしてほっとしたところで、なんでこんなに膝が痛くなったのか考えてみました。この日はとても寒い夜でした。いつも準備運動をしないでランニングを開始しています。この日も準備運動をしないで走り始めたのでそれが原因ではないかと考えました。体が温まらないうちに走るペースを上げてしまったので、膝が痛み出したのだと思いました。

ランニングを始めた頃は少し走っただけで筋肉痛になっていたので、準備運動と整理運動をしっかりしていました。しかし、走ることに慣れてくると筋肉痛にならないので準備運動をしないで走り、ランニング終了後も整理運動をしないでいました。

春から秋にかけての気温が高い時期にはそれでも身体を痛めることはありませんでした。走るペースも序盤から速めで走っていました。だんだん寒くなって、冬になってもそんな風に走っていたので冬の身体が温まりにくいときに、膝を痛めてしまったのだと思います。

ランニングする前には、必ず準備運動をしてから徐々にペースアップして走るようにしました。

その後は走る前に準備運動をしっかりとしています。そして、走り始めはゆっくりと走り、身体を温めることを意識しながら走っています。そして、身体が温まってきた時に走るペースを上げるように走っています。

走った後もしっかりと整理運動をしています。そして入浴時は軽く脚、膝のマッサージをするようにしています。今は冬の真っ只中ですが、膝や身体を痛めることなくランニングを継続しています。冬の運動は身体を痛めないよう、しっかりと準備運動や整理運動をするべきだと思います。