関節なめらか研究所

病院の医師はグルコサミンサプリに否定的

膝の悩みを持つ人に共通することとは何か?

私は看護師で以前に整形外科病棟で働いていたことがあります。その病院の病棟施設にいたので、膝や股関節に問題を抱えた人が多かったです。また膝の人工関節を手術を受け、リハビリをして退院していくという人が一番多かったですね。そんな中で膝の悩みを持つ人に共通することがいくつかありました。

そのひとつが多くの人がグルコサミンのサプリを飲んでいるということでした。外来受診をしているとその人の飲んでいる薬やサプリ等を把握して手術をもし受ける場合には、その薬をやめてもらったりします。

医師はサプリメントには肯定的ではない。

患者に確認をするとグルコサミンを膝のために飲んでいるという人はものすごく多かったです。そんな時には、医師はすぐにサプリを摂取することをやめるように患者に指導をしていました。医師は余りサプリには肯定的ではなかったようです。

患者にしてみれば膝の痛みにグルコサミンを取りたいというきもちは理解できます。膝の痛みというとはとても耐えがたいのです。人は誰もが起立して、歩行しますが、その時に中心になるのは、やはり膝。前後に足を動かし踵を運びをしなくてはいけません。

しかし膝が故障してしまったら?歩くたびに痛みが走る。また立ち上がったり、座ったりするときにも痛みがあって、不快であるということもあるでしょう。そのためにみんな膝は注意をしたいのですね。

止めたほうがよいと言うのには理由がある。

そして大切にしたいのです。そのために痛みがある人や違和感がある人がグルコサミンのサプリをとることが多いのですね。グルコサミンをとることは身体に悪いわけではありません。医師が辞めた方がいいというのは、患者のことを考えていうのです。

なぜなら、あまり効果がないのにもかかわらず、購入をする費用だけは掛かりますよね。また通販では一本単位でももちろん買えるけれど、多くの場合は、何本かセットで、しかも数カ月飲めるように販売されていることも多いのです。医師はそんなことにお金を費やさなくても良いと忠告をするのです。

サプリメントの効果に疑問がある場合もある。使用する場合は、よく考えて判断する必要がある。

高齢者の中には、そのサプリの効果を時間出来ないけれど、ここまで歩いてこれているのは、グルコサミンのお陰かもしれないと飲むのをやめることが出来ずにいる人もいます。反対に医師がいうならときっぱりと辞める人もいます。

医師の指導のとらえ方は患者にとって人それぞれですが、病院関係者や医師から見ると、サプリメントの効果としては???と疑問がありますね。でも今はいろいろなサプリが出回っているので、中には、良い物があるのかもしれませんが…。その商品や効果の口コミなどをしっかり比較して、自分の責任で選んで行かないといけないなあと感じています。