関節なめらか研究所

膝の痛みはオスグッド 大体筋群と骨盤のセルフケアで運動を継続

サッカーをやっている中学生の息子が、膝の痛みに苦しんでいる。

息子は現在13歳、中学1年生の男の子です。小学生低学年の頃からずっとサッカーを頑張ってきていて、中学校入学と同時に、同じ市内にあるクラブチームに所属してサッカーを続けています。

その息子が、「最近走ったり、ボールを蹴ると膝が痛くて」と、膝の痛みを訴えるようになりました。痛みの箇所を良く確かめてみると、膝のお皿の下の辺りで、これはオスグッドに違いないなと思いました。

何故なら、私も中学生~高校生の頃にオスグッドの膝の痛みの経験があったからです。私の膝のお皿の下は、かなり骨が出っ張ってしまっています。とりあえず、掛かり付けの接骨院で診てもらうことにしました。

膝の痛みの原因は、オスグッドでした。

痛みの箇所、痛みの具合や周囲の筋肉の様子などから、やはり「オスグッドですね」との診断になりました。オスグッドは、正式にはオスグッド・シュラッター病といいます。接骨院の先生はiPadの画面に映し出される人体模型図の様なソフトで、息子に詳しく説明をしてくれました。

小学校高学年~中学生頃の成長期に、大体筋群と呼ばれる骨盤を起点として膝下の脛骨部分へ繋がる大きな筋肉が、繰り返し強い収縮をすることで、脛骨の骨端から剥がれるような力が加わり、部分的に炎症を起こして痛みとなって出るとのことでした。

良くオスグッドなどの痛みを「成長痛」と呼ばれることがありますが、成長によって起こるものではなく、成長期に起こり易いという方が正しい考え方のようです。

オスグッドは、即効性の治療は難しいため、運動後のアイシングとマッサージやストレッチで痛みを和らげるようにした。

このオスグッド、即効性の治療というのはなかなか難しいとのことで、サッカーを続けていきながら対応するのであれば、運動後のアイシングと大体筋群や骨盤のセルフケアによって、進行を予防したり、痛みを和らげるのが良いとのアドバイスを頂きました。

勿論、運藤そのものを一時的にお休みするのが痛みを和らげるには一番良いとのことでしたが、サッカーを続けながらという息子の意見を汲んでくれてのことです。

オスグッドの痛みを抑えるには、運動後のアイシングを徹底しました。中学1年生なので、こればかりは親が口酸っぱく言ってあげないとなかなか継続出来ないので、練習から帰ってきてからや、お風呂上りにアイシングの為に購入した氷嚢を使ってアイシングをさせました。1日何度行っても良いそうです。

また、日々お風呂上りには、接骨院の先生が丁寧に教えてくれた、大体筋群と骨盤の動きを良くするストレッチを行いました。これもアイシング同様、親が言い続けなければ日々続けることは難しのですが、「先生からも、自分の為だから頑張ってと言われたでしょう」とストレッチを促しました。

試合などのときは、膝が痛むので、テーピングでカバーするようにした。

それでも、練習や試合では膝の下が痛むとのことで、テーピングをして参加していました。最初に痛いと訴え始めてから3ヶ月ほどになりましたが、アイシングと大腿金群や骨盤のストレッチなどのセルフケアを継続することで、だいぶ痛みは和らいできたようで、テーピングをしなくても済んでいるようです。

オスグッドは、本人にしてみると凄く痛みを伴うものです。昔のように根性論でスポーツをする時代ではありません。まずは念の為、病院で診察を受けることが大切だと思いますが、大体筋群や骨盤のストレッチなどのセルフケアを継続することが、より大切になってくるものだと実感しました。