関節なめらか研究所

運動をする事によって負担が大きかった

学生時代はずっとバレーボールをやっていました。

私は、25歳の女性です。バレーボールが原因で膝、腰の痛みに悩まされています。始まりは学生だった頃の話です。小学生の頃からバレーボールを続けていました。小学生の頃は体重も軽く、トレーニングも軽かったので負担が少なかったのですが、中学生になると一気に運動量やトレーニングも厳しくなっていきました。

スクワットや階段の上り下りなど膝に負担がかかるトレーンイングが増えていきました。まだ成長期という事で一気に身長も伸びてる時期でもあり、膝が痛くなってきました。特にバレーボールはジャンプなどをする事が多いのですが、両足を同時に着地すれば膝は勿論、腰への負担も少なかったのですが、片足ずつの着地の為に腰への負担も大きくなってきたのです。

成長期ということもあり、膝や腰への負担が多くなってきました。

身長も伸びて、体重も増えてきたのでその負担は大きくなってしまいました。そこで整体などの病院へ行き、まずは痛みを和らげる為に筋肉をほしぐしてもらったりしたのです。しかし、筋肉が張ってしまって整体師の方も思うようにマッサージが出来なかったのです。

もともと、体が固くそれも体を悪くする原因という事だったので自分で出来る範囲のストレッチなどを行うようにしました。しかし、完璧な改善はしないまま高校でのまた続けたのですが、中学の時に引退してから一気に体重は増えていた為、高校でのトレーニングは過酷なものでした。

高校ではコルセットを使うようになりましたが、痛みは取れませんでした。

高校ではすぐに腰への負担を減らす為に、コルセットを作りしてはめてする事にしました。しかし、ずっと付けていると腰が怠くなり思うように動けないなどマイナスな点が出てきました。腰への負担が減ると一緒に膝への負担も減ると思っていたのは勘違いでした。やはり、また病院に通いながらの練習になったのです。

社会人になると一旦バレーボールから離れる事で痛いが和らいできたのですが、筋肉はずっと固まったままです。腰が悪いために足を前に伸ばして座る事も出来ないままです。膝や腰の痛みが酷かったので気づかなかったのですが、肩への負担も大きかったようです。その為に、肩凝りは肩凝りでも段々と腕を挙げるのもキツイ状態になってきました。

寒くなると痛みが出てきます。身体をなるべく冷やさないように気をつけるようにしています。

固くなった筋肉の為に血流が悪くなり冷えなどの症状もドンドン酷くなっていってます。症状が悪化した時にきちんと治療をして休養するれば状況も変わっていたのかもしれません。

今では、寒くなるとやはり痛みが出てきますが、出来るだけ冷えないように体を温めたりマッサージをしたりして痛みが出ないようには気を付けるようにしてます。そして、あまりにも痛みが酷い時は整体などに行き揉み解してもらうようにしてます。