関節なめらか研究所

ジョギングの体験談

80キロを超えた体重に驚愕。

年齢は39歳。男性。職業は自営業です。3年前の事です。年齢と共に、徐々に腹が出てきたので久しぶりに体重計に乗ったら、80キロを越えており、体脂肪率も30近くありショックを受けました。ちなみに20代の頃は体重65キロ、体脂肪は18ほど。完全に中年太りです。

このままでは完全にデブになると焦った私は、仕事の終わった後に、毎日ジョギングをする事にしました。しかし、ジョギングするという事を軽く考えていたようです。ジャージを購入しただけで、靴は普段履いているスニーカーという適当さ。ストレッチもロクにせず、最初は近くの河川敷をスローペースで5キロほど走りました。

ランニングで、膝を壊す。

学生の時以来まともに運動などしておらず、久しぶりの運動であっという間に息が上がり、服も汗でびっしょりになりました。しかし、継続しなければ意味がないと毎日続けていたのですが、いきなり慣れない運動をしたのと、スニーカーなんかで走ったために、一週間もしないで膝を壊してしまいました。毎日休みなく走ったのもいけなかったようです。

おかけで、痛みでしばらく脚を引きずっている状態でした。当然、治るまでしばらくジョギングは出来ません。痛みは1ヶ月ほど続き、その間、マッサージなどをしていました。仕事する時も膝が痛くて、治るまでしばらく大変でした。何も考えずに運動をして体を壊してしまった反省から、膝のサポーターとランニングシューズを購入し、インターネットでジョギングの事を色々と調べました。

膝をいたわるために入念な準備を行うようにした

今度は膝を壊さないようにと、再びジョギングを始める前に、スクワットや、ウォーキングなどで筋肉をつけ、ジョギング開始前には必ずきちんとストレッチをしてから。ジョギングが終わったあともストレッチは入念に、毎日欠かさないようにしていました。前みたいに無理をせず、3日走ったら1日休養します。

そのかいあって、今度は膝を壊す事もなく、順調にジョギングを続ける事が出来るようになりました。そして、ダイエット目的で始めたジョギングは3年経った今でもずっと続けています。36歳の頃は80キロを越えていた体重、30%近くあった体脂肪率。

それが、40を前にして、体重60キロ以下、体脂肪率は20代の頃よりも低い14%まで下がりました。腹も割れていて、中年太りだった3年前とはまるで別人のようになりました。最初は5キロが限界だったジョギングも、徐々に長い距離を走る事が出来るようになり、今では20キロは軽く走れます。当然、膝に痛みを感じる事は、今ではもうありません。