関節なめらか研究所

趣味のジョギングができない

学生時代から運動部で、運動大好きな私

私(39歳、男、営業職)は学生時代から運動部に所属しており、社会人となってからも適度な運動を心がけ、それを日課としてきました。中でもとりわけ、ハマっていたものがあります。それはジョギングで、もはや単なる運動の枠を超えた趣味といっても過言ではありません。

もうかれこれ10年以上は続けているのですが、走れなかった日(仕事や用事、雨の日など)は何とも言えない後ろめたい気分に陥ってしまうほどです。ジョギングノートも用意して、その日の天候、体調、タイム、服装など事細かに記録してきました。

とまあ、とにかくジョギングは私の生活にとって必要不可欠な要素であり、40代、50代、60代と年を重ねても続けていくつもりでした。ですが、忘れもしません、去年の12月のことです。

しっかりウォームアップしてから走り始めたのですが

いつものように入念に準備運動をし、ウォームアップをしてからジョギングに出かけたのですが、この日を境に膝に違和感を感じるようになったのです。具体的に状況を説明すると、私がいつもジョギングしているコースには、途中5段ほどの階段が設置されており、それを駆け上がらなければなりません。

いつもはそこを2段飛ばしで行くのですが、その日は駆け上がった瞬間に膝にピリッとくる鋭痛を感じたのです。こんな感覚は今までに感じたことは無く、一応立ち止まって屈伸をしたりストレッチをしたり、軽くジャンプしてみたりと膝の調子を確かめましたが、特に問題なさそうです。

その日は無事完走することができましたし、結局先ほどの鋭痛も一過性のものだろうとそれほど気にする事もありませんでした。就寝前に一応シップを貼って処置をし、これで大丈夫とばかりに考えていたのですが・・。

まさかの膝の痛みに驚き

次の日も日中は何の問題もなく活動できましたし、やはり一過性のものだったに違いないとホッと一安心。ところが、その日のジョギング時にまたしても階段のところで痛みを感じたのです。しかもその日は完走することができず、大半を歩くことになったのです。

さすがにこのまま放置しておくことは危険だと感じ、後日病院で診察もしてもらったのですが、特に異常は無し。確かに走るとき以外は全く痛みを感じないので、もしかするとジョギングフォームに原因があるのかもしれません。が、いろいろ試してみたものの、その後膝の痛みが改善されることは無く、もう随分ジョギング無しの生活を送っています。

当然体重も増えてきましたし、おそらくこれがまた膝への負担になっているはずです。ますます、ジョギングができない体になってしまいそうで、本当に悲しい限りです。