関節なめらか研究所

【子供のころにさかのぼる問題】ハンドボールで膝、半月板がボロボロ、子供の頃からの日光不足が影響

大好きだったハンドボールを止めた訳

40歳の物流内勤務、現在は商品入庫監理を行っています。私は学生の頃はハンドボール部、就職してからは会社にクラブなどなかったので社会人チームを探して続けていました。上を目指すというよりはとにかくハンドボールが好きだったので、年を重ねても続けたいと思っていたのですが、30代前半で辞めざるをえませんでした。

原因は膝の痛みです。20代の頃は何ともなかったのですが、30代に入って突然痛み始め、サポーターでかばいながらのプレーも長くは続かなくなりました。

日光、紫外線不足によるビタミンDの欠乏

医師の診察を受けたところ、膝、半月板がボロボロになっていてハンドボールは即やめたほうがいいと警告を受けました。ショックで狼狽しましたが、私は本来プロを目指していたわけではなく、ハンドボールは確かに膝に負担がかかる激しいスポーツだけれども、そこまでボロボロになるのはンドだけのせいではないのではないか、他の生活習慣に膝を消耗する原因があったのではない?とあれこれ調べたところ、「日光、紫外線不足によるビタミンDの欠乏」という問題に行き当たりました。

私の母親は昔から屋外での紫外線を極端に嫌い、全身黒ずくめにサンバイザー、日焼け止めも過剰に塗って外出していました。本人だけでなく、私にも夏でも長袖長ズボンを着させ、日光を浴びないようにさせたのです。

日光による紫外線は何かと害悪ばかり強調されますが、これを皮膚が浴びることによってビタミンDが生成されるのです。ビタミンDの欠乏によって起こる病は乳がん、子宮がん、前立腺がん、認知症、その他多数あると知り驚きました。そしてその中には骨粗しょう症、関節の劣化、関節痛も含まれていたのです。

子供の頃から外出時は日光ブロック、ハンドは体育館なので日光は当たらず、就職後は1日倉庫内作業で日差しを浴びず、私は本当に日光から遠ざかった生活を送ってきたのだなど改めて思い返しました。

日光浴とサプリメントで身体を良い方向にもっていきたい

医師からそのような説明は何もないのですが、まだ「ちょっとした日光浴は健康によい」程度の認識なのかもしれません。ハンドボールをやめて以降、私は朝日の出ているときは必ず半袖半ズボンで約15分日光を浴びてから出勤し、また休日は公園での日光浴を心がけています。日差しの弱い日、雨の日はビタミンDサプリを飲んでいます。

現在は痛みは消え、膝の状態はかなり回復したように感じます。確実に紫外線、ビタミンDの好影響が出ていると思います。これが競技を再開できるまで回復するのかどうなのかわかりませんが、毎日の蓄積が大切なので継続したいと思います。いつかハンドを再開できる日を夢見ています。