関節なめらか研究所

【病院で驚きの診断】夫がグルコサミンを飲んでいます!

整形外科で驚きの診断。痛み止めもその場しのぎにしかならない。

57歳の夫が2年近く前から、グルコサミンサプリメントを飲み続けています。職業は、製造業の現場作業員です。実は、2年近く前に、膝がとても痛くなり、整形外科にかかったのでした。そこでレントゲンをとり、判明したことは、膝の軟骨がすり減っているということでした。そして、加齢によるものだといわれました。

痛みの原因がわかり、薬をもらってきました。しばらく薬を飲んだりしたら、痛みはなくなりました。しかし、すり減ってしまった膝の軟骨はもとには戻りません。そして、このままでは、また、膝が痛くなるのではないかという心配も抱くようになりました。また、食事にも気をつけないといけないと考えるようにもなりました。でも、食事だけで改善することは難しいとも考えました。

グルコサミンサプリメントを飲み始めてから、膝の痛みをあまり感じなくなった。

そこで、年齢とともに不足するといわれるグルコサミンを、サプリメントによって補うことにしました。これならば、毎日続けられると思われます。また、効果も期待できると考えました。

さて、夫はグルコサミンを飲み始めてからしばらくして、膝の痛みをあまり感じなくなったことに気づきました。整形外科にかかった時には、膝の痛みはひどかったのです。それと比較して考えてみると、グルコサミンのサプリメントは効果があったのだと思われます。

夫の知り合いでも、同じように膝の痛みで受診して、膝の軟骨がすり減っているといわれた人がいます。その人は、膝だけでなく、ひじの関節まで痛くなったそうです。どうも、軟骨がすり減るのは、膝だけではないみたいです。他の箇所も同じようにすり減っていくのだと思われます。

膝以外の部分も心配。仕事で忙しいので、サプリメントがありがたい!

こんな体験談を聞いた夫は、膝以外の痛みのことも心配しています。そして、そのようなことで苦しむことがないようにと、グルコサミンを飲み続けているのです。

年齢とともに不足してくる栄養素を、食事だけで補うということは、とても大変なことだと思われます。そして、家族にとっても負担になってしまいます。そう考えると、グルコサミンのサプリメントというものはありがたいものだと思います。

今のところ、夫は、再び激痛に苦しむことには至っていません。やはり、グルコサミンのサプリメントが効いているのだと思います。
グルコサミンのサプリメントは高いというイメージもありますが、探せば、通販で安いものを入手できることもわかりました。

。仕事をしていると、整形外科に行く時間をとることも難しいです。そういう意味でも、グルコサミンを飲み続けてよかったと思っています。