関節なめらか研究所

梅雨と膝の痛みについて

梅雨の膝の痛み

梅雨の時期になると関節痛がひどくなりとてもつらいという声をよく聞きます。
膝などの関節の痛みは季節と関係するのでしょうか?

痛いから今日は、雨が降るね

神経痛や関節痛を患っている方で、身体の痛みで天気が悪くなることがわかる人がいたりします。
天候の変化で痛みが出たりするんですね。

特に、梅雨時期は雨が降ることが多く、気圧・湿度の変化も大きくなるため、自律神経の問題や免疫系統の弱まりなどといった症状が出やすいのです。
これらに関係して、特に腰痛や関節痛などの神経痛などがおきやすくなります。

梅雨時期は疲れやすい気がする

他にも、梅雨の時期は身体が疲れやすいような気がするのも特徴です。
これは4月から新しい環境などになる人が多いことや、気候の影響が大きいですね。

雨が降ったり気圧の低い状態になると、ヒスタミンが多く作られるため疲れやすかったり関節痛が起きたりすると考えられています。
ヒスタミンが生成されると、交感神経を刺激し身体が緊張することになります。
緊張したことにより血流が悪くなることも影響して、関節痛・腰痛や頭痛や肩こり・体のだるさなどの症状がでてきます。

対処法

軽いストレッチ運動などで、血行をよくすると身体の緊張もほぐれて、症状が楽になります。
サポーターなどを使用して患部が冷えないようにするのも効果的です。
自律神経を安定させると症状が改善されますので、ストレス解消をすることも大事です。

季節の変わり目に神経痛や関節痛で悩んでいる方は、ぜひ実践してみてくださいね。