関節なめらか研究所

グルコサミン、コンドロイチンと併用注意する成分・薬

グルコサミンの飲み合わせが悪い薬や成分があるって本当?

基本的に食品であるグルコサミンサプリメントですが、併用する時に気をつけた方が良い成分があるようです。

なめらか所長は、グルコサミン、コンドロイチンについて、気になる情報を見つけました。

クマリン抗凝固剤(特にワルファリン)を服用している患者の一部で、グルコサミンを摂取したところ血液凝固を示す国際基準比(INR)が上昇(出血傾向)した症例報告があったとのことです。
直接の因果関係はまだ詳しくわかっていないものの、グルコサミンの摂取中止によってINRが正常値に下がり始めたとのことで、グルコサミンとクマリン抗凝固剤(特にワルファリン)の相互作用の因果関係が強く疑われているようです。
ですので、グルコサミン、コンドロイチンは、クマリン抗凝固剤(特にワルファリン)の薬と併用禁忌したほうが良い様です。まさにグルコサミン併用注意薬剤ともいえます。

詳細としては、

クマリン抗凝固剤(ワルファリン)は、血栓塞栓症の治療と予防に使われる薬で、血栓ができないようにする効果があります。ただ、効きすぎると逆に出血を起こすこともあります。
ワルファリンは、ビタミンKを多く含む食品(納豆や青汁)の摂取によって効果を減ってしまうことがわかっています。

グルコサミンやコンドロイチン硫酸を含むサプリメントを服用によって、ワルファリンと相互作用を起こし、INRを上昇させる(出血傾向になる)事を示した報告がある。サプリメントの使用中止によって、INRが正常レベルに回復した。この事から、グルコサミンとワルファリンの相互作用の因果関係が強く示唆されている。
よって、ワルファリン服用者がグルコサミンやコンドロイチン硫酸を含むサプリメントを併用することは避けるべきとの事です。

何かの薬を服用している方は、必ず医師に相談し、使ってよいのかどうか、医師の判断を仰ぎましょう。