関節なめらか研究所

関節痛や膝の痛み(膝痛)に効く成分について効果を調査しました。

なめらか所長は、つらい膝の痛みを改善したいと思って、様々なものを調査しています。
サプリメントはたくさんの商品があり、各社で成分を研究して新しい商品が生み出されています。
そんな膝の痛みに効くとされるサプリメントの成分について、どのような効果があると考えられているのかをまとめました。

グルコサミン、N-アセチルグルコサミン

膝の痛みといえば、グルコサミン。と誰でも想像できるほどの有名な成分ですね。

グルコサミンは、グルコース(ブドウ糖)にアミノ基が付いた糖の一種です。動物の体内では、N-アセチルグルコサミンの形で、糖たんぱく質やヒアルロン酸の中に含まれています。
自然界では、カニやエビなどのキチン質の主要成分として、外の殻などに多量に存在しているため、比較的簡単に分解して製造できます。
他にも、動物の骨、貝の殻、などにも多く含まれています。
カニやエビから作られたグルコサミンは、カニアレルギーやエビアレルギーなど甲殻類アレルギーの人は注意が必要です。
近年は、カニアレルギーやエビアレルギーの人のために、トウモロコシのデンプンなど植物由来のブドウ糖から発酵生産されたグルコサミンも登場しています。

何に効くのか?

現在までの研究では、軽度の変形性膝関節症について、症状の改善が見られたとの報告があります。
これは、膝の関節にある軟骨などが劣化したり、損傷したりしている度合いが軽度であれば、痛みを和らげる効果があったというものです。
そして膝関節の損傷や劣化が激しい重度の変形性膝関節症などについては、効果が見られないことが報告されています。

現在主流として考えられているのは、グルコサミンには関節などの組織の炎症を抑える効果があるため痛みを和らげているということです。
グルコサミンは軟骨の成分である、ヒアルロン酸やコンドロイチンの生成を促進し、そのヒアルロン酸やコンドロイチンが関節痛を軽減する効果があると考えられています。

コンドロイチン

グルコサミンと同じぐらい、膝の痛みというと出てくるのが、コンドロイチンですね。
このコンドロイチンは、軟骨の中だけはなく、身体全体の細胞に多く含まれているムコ多糖(プロテオグリカン)です。
特に、筋肉の腱・じん帯の弾力性を保つ効果があります。さらに、保水性や潤滑性などを増やす働きがあり、さらに栄養吸収を助ける効果から新陳代謝を活発にします。その効果から、お肌などを若々しく保つとされて、美容効果のある成分としても注目されています。
サプリメントに入っているコンドロイチンは、コンドロイチン4硫酸、コンドロイチン6硫酸に分けられます。
コンドロイチン4硫酸は、牛・豚・鶏の軟骨から生成されます。コンドロイチン6硫酸は、鮫の軟骨から生成されます。

何に効くのか?

現在主流として考えられているのは、グルコサミンと同様にコンドロイチンには関節などの炎症を抑える効果があるため、痛みを和らげるということです。

MSM(メチルスルフォニルメタン)

メチルスルフォニルメタンとは、身体の中にある硫黄を含んだ成分です。
身体の中で硫黄は、体内で必要となる軟骨・コラーゲン・毛髪・皮膚・爪など様々なものを作るために必要な成分です。
特に、髪の毛や爪やコラーゲンを作るために使われていて、身体への吸収がされやすいので、美容効果がある成分としてもサプリメントなどに利用されています。
他にも、花粉症やハウスダストなどの、アレルギー症状を軽減させることが報告されています。

何に効くのか?

グルコサミンと同様にメチルスルフォニルメタンには関節などの炎症を抑える効果があるため、痛みを和らげるということです。
さらに、グルコサミンと一緒に摂取すると、関節痛の改善効果が高まる事が報告されています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸で出来た物質です。保水性に優れており、粘度が高くねばねばしています。眼球の中、体中の軟骨・筋肉・皮膚などに存在しています。
保水性と、衝撃の吸収性をもっているため、関節などには、とても大事な成分です。
その保水性から、みずみずしい肌を作るために美容効果のある成分として注目されています。
美容成分だけでなく、軟骨の中にも存在する物質で、新陳代謝を活発にすると考えられています。さらに効果を高めるためコンドロイチンと併用される場合もあります。
特にコンドロイチンとの併用によって関節痛改善につながる事が期待されており、様々なサプリメントで、コンドロイチンと共に配合されています。

何に効くのか?

関節の炎症を抑える効果があるため、痛みを和らげることができます。
関節に直接注射する方法は効果があることがわかっていますが、ドリンクやサプリメントなど、飲むかたちの効果は認められないとされています。