関節なめらか研究所

膝の痛み(膝痛)の救世主グルコサミンとは?

superman_hero

テレビのCMで、ぐるぐるなんて歌っているものなどでおなじみのグルコサミン。「膝とかに効くんでしょ?」となんとなく理解している方が多いと思います。
そんなグルコサミンをなめらか所長が徹底調査した結果を、どんな成分なのか・何に効くのか、などの切り口でまとめました。

グルコサミンとは?

グルコサミンは、グルコース(ブドウ糖)にアミノ基が付いた糖の一種です。動物の体内では、N-アセチルグルコサミンの形で、糖たんぱく質やヒアルロン酸の中に含まれています。
ヒアルロン酸は、軟骨に大量に存在する物質の中心ともいえる成分です。ヒアルロン酸は、軟骨のようなクッション性のある組織の成分や、保湿成分として、重要な働きがあります。
自然界では、カニやエビなどのキチン質の主要成分として、外の殻などに多量に存在しているため、比較的簡単に分解して製造できる。近年は甲殻類アレルギーの人のために、トウモロコシのデンプンなど植物由来のブドウ糖から発酵生産されたグルコサミンも登場している。

何に効くのか?

膝などの関節にある軟骨は、日常の動作による骨と骨の摩擦や衝撃から、骨を保護するための役割があります。
関節の動作をなめらかにするために、クッション性に優れた軟骨が潤滑油の役割をしています。
この軟骨が磨り減ってしまい骨を刺激したり、破損した軟骨のかけらが、まわりを刺激すると、痛みを感じることがわかっています。
グルコサミンは軟骨の成分である、ヒアルロン酸やコンドロイチンの生成を促進するため、関節痛を軽減する効果があると考えられています。