関節なめらか研究所

主人が膝痛に悩まされ対処したこと

60歳の夫にあんな悲劇が襲うとは、思いもしませんでした…

60歳になる主人は、年齢以上に元気でどこも足腰の痛みがないのが取り柄だと言っていたのですが、ひょんなことからこの夏に左膝を痛めてしまいました。
サッカーの指導をしているので、子供たちに準備運動をさせていてその時に自分も両足を上げて軽くジャンプしていたときに、痛みを感じたそうです。
これまで膝痛を感じたことが無いので、もしかしたら加齢の影響もあるかもしれないと思い、すぐに整形外科を受診したのですが、レントゲンの所見では骨に何の影響も出ていないらしく一安心はしたものの、2週間ほど痛みが続きました。

マッサージをしてもらって、何とか痛みをカバーしていました

ガス関連の工事をしている職業柄、歩き回ることも多く安静にしているということはなかなかできなかったため、しばらくは負荷を減らすように労わることを心がけてマッサージにも通いました。
膝から腰にかけて整体師は、硬さがあると言って入念にマッサージを行ってくれました。
しかし、すぐに痛みが改善するわけではなく、血流が良くなるために気持ちが良いという程度の感触でした。
これまでに膝痛も経験がないため、ちょっとした痛みでも本人にとれば苦痛に感じるようでしたし、年齢を意識せざるを得ないことがやりきれなさも感じたようです。

二種類の痛み止めの薬を飲んで痛みを抑えました

骨に異常はなくてもやはり極度な負荷がかかる動かし方をしてしまったので、筋や筋肉に影響が出てしまったのかもしれません。
もともと、体を鍛えているので自分が想像する以上にこんな痛みが出るとは思いもしなかったのでしょう。
あまりにも当初は痛くて、痛み止めを2種類もらっていたのですが2日間は飲まずにいられない様子でしたが、その後は、できるだけ痛みがあるときだけ飲むように意識を変えました。

確かに、痛み止めを飲むことによって嘘のように痛みが消えるということはありがちですが、炎症が起こっている原因が解決できたわけではありません。
あまり痛みどめに頼りすぎて無理をすればさらに膝痛が悪化させてしまうこともあるでしょう。
できるだけ、飲まなくても大丈夫なように少しずつ痛みに慣らして行く覚悟をしていたのでしょう。
やや左足を引きずるような歩行でしたが、徐々に回復ができました。

身体を動かす習慣があったので、自然とストレッチなどを始めました

もともと体育会系なので、無理をしないで用心をしようというような考えはあまり持っていません。
普段から体を動かすことが習慣になっているため、今回のような予期しないアクシデントに見舞われたとしても、いつの間にかストレッチやランニングは始めています。

しかし、だんだんとこんなアクシデントに見舞われることもこれからあるでしょう。
そのときに備えてできるだけ対処法を知っておく必要は家族としてもあり得るのかと思います。
無理はできないけれど、必要以上に運動を控えるのは本人の意思に添えるものではないので、「なったらなった時にしっかり対象していく。」という気持ちでこれからも好きなスポーツを満喫していくのだろうと思います。
とりあえず大事に至らずに、膝痛がおさまったのは嬉しいことでした。
この年齢になるとひょんなきっかけから、足腰の痛みを持ち越してしまうこともあるので不幸中の幸いでしょうか。