関節なめらか研究所

中学生の頃の体育の授業で膝がやられました

体育の授業内に悲劇が起きました。

私(男性)が中学生の時に、器械体操を体育の授業内でやったのですが、その時に膝の関節をやってしまいました。
具体的な状況と言いますと、まず器械体操の授業で倒立をやることになったのです。別に私は倒立ができないわけではなかったので、特に何も気にせずやろうとしました。何も気にせず、というよりは少しふざけ半分でいつもより反動をつけた記憶がありますね。
そのせいで、いつも以上の勢いがついてしまい、うまく体制を維持することができず転倒しました。その時の転びかたが悪かったみたいで、私は膝を横からぶつける形で地面に着地しました。その体育の授業の後から膝に違和感があり、歩く時に痛みを感じるようになりました。

病院に行くほどではないと油断して、何もしないで放置していました。

病院に行くのも大げさかなと思っていたので、しばらく放置してましたね。多分一週間くらいだった気がします。突き指などであっても一週間ほど放置して安静にしておけば良くなりますが、その時の痛みはそうではありませんでした。
膝なので、歩く時にいつも刺激を与えてしまうというのもありますが、それだけでなく日に日に痛みが強くなって行くような感覚がしたのです。
ある日を境に、痛みだけでなく歩くたびにポキポキと音がなるようになって来たので、いよいよやばそうだと思い親にそのことを伝え病院に行くことにしました。結局私の膝に何が起こっていたを医師の方に聞くと、転倒し膝を打った際に少し関節がずれてしまっていたようなのです。

関節に異常が発見されました。

すぐに病院に行っていればよかったのですが、あまり気にならないと思ったし、そんな大げさなことじゃないと自分に言い聞かせて病院に行かなかったせいで悪化していたようです。
当初は痛みもあまりなく、歩くたびに音もしなかったのでかなり軽傷だったと思うし、そんなに関節がずれてもいなかったのだと思いますが、診察を受けに行った時にはかなり悪化していました。
病院の先生に言われたのは、やはり関節系のケガがあるときはしっかりと固定して安静にしていなければ悪化してしまうということでした。
正直甘く見ていたので、驚きました。走ってもいなければすごく強い刺激を与えてたわけでもありませんでしたからね。

関節に違和感を感じたら、すぐにでも医師の診察を受けて欲しい。そう思いましたね。

診察の後関節をはめ直してもらい、そこから安静にしていれば症状が治ると言われたので、言われた通り安静にしていることを心がけていたら自然と何もなくなりました。
この中学生の頃の膝の怪我のことがあってから、私は関節系に違和感を覚えたらすぐに病院に行くようにしています。
友達にそういう人がいる時も病院にて診察を受けることを強くお勧めするようにしています。
あまり見くびっていては痛い目を見るということがわかった一件でした。