関節なめらか研究所

グルコサミンのサプリメントを忍耐強く摂取

建設現場で監督をする仕事しているので、体力勝負なところがあるので、健康には気を使っています。

現在私は45歳、男性、建設現場の監督をしています。体力のいるハードな仕事です。大学を卒業してすぐに就職した建設会社で、仕事をしっかりこなすには、まずは健康であり、体力をつけることだと思いました。

それで、日々の健康的な食生活だけでなく、若い頃から栄養補給に様々なサプリメントを常備、摂取していました。40歳を過ぎた頃から膝に痛みが出て、まず最初に、痛みをとるための対処として考えたのは、サプリメントでした。

膝の痛みにはグルコサミンがいいということは知っていました。年配の友人知人で、膝を痛めて、グルコサミンを摂取しているという話はよく聞いていましたから。友人のなかには、サプリメントというものに抵抗感を持っている人もいます。

様々なサプリメントを長年摂取し、様々な効果を実感していますのでサプリメントに対して抵抗がありません。

そういう人は、天然の食材しかとらないとか、できるだけ加工したものは摂取しないという考えの人が多い印象です。私自身は、様々なサプリメントを長年摂取し、様々な効果も実感しているので、サプリメントに対して抵抗がありません。

むしろ、とても効果を期待できるものと思っています。もちろんサプリメントといっても、良い悪いがあると思います。信頼できるいいものを摂取して効果が出れば、それを信頼することにしています。

膝の痛みの部位としては、左の膝の外側に痛みが出ます。ときに、右の膝にも痛みが出ますが、それは左の膝の痛みがなかなかとれなくて、左をかばっているうちに、右が痛くなるという具合です。

建設現場では階段だけで昇り降りしなければならないことがあるので辛いです。

日々、建設現場では、エスカレーターのない、階段の上り下りをしなければならないことがあります。そのときがいちばん辛いです。とくに下りのほうがつらいです。

足腰が健康なときは、上りのほうがつらいと感じ、下りなんて全然負担なし、というふうに感じますが、膝を痛めると、違います。
一段一段の下りのたびに、膝に激痛が走ります。

サポーターをしてもそんなに効果はなくて、やはり根本的に、体の内部からの治療が必要です。グルコサミンのサプリメントはすぐに効くわけではありません。

じわじわとした実感で、毎日摂取して、結果的に1、2カ月経つと、しっかり治っているという具合です。だから、短気な人には向いていません。

グルコサミンサプリメントは、忍耐強く毎日摂取することが大切なので、あせりは禁物です。

素直に効果を信じて、忍耐強く毎日摂取することが必要だと思います。個人差はあると思います。すぐに効く人もいるでしょう。でも、私の場合は、ゆるゆると効いて、焦りは禁物と思っています。

いったん治っても、安心はできません。無理をすると、かならず同じ部位が痛くなります。だから日々、膝に負担がかかるのを注意しながら過ごし、無理をしないように心掛けています。そのうえで、サプリメントを摂取すると、より強くなります。