関節なめらか研究所

グルコサミンのサプリメントで昔のような生き生きとした父になりました

定年退職した父は、山登りに熱中しています。

40歳の専業主婦です。父は今年、長年勤めた会社を定年退職し、「あれもしたい。これもしたい」と意欲的に過ごしていました。忙しい仕事で休日もろくになかったのでやりたいことがたくさんあったのでしょう。そんな姿を見ているだけで、娘の私としても嬉しく感じていました。

中でも、父が夢中になっていたのが山登りです。カメラが趣味なこともあり、山に咲いている花や素晴らしい景色を移すことが楽しいようでした。また、山頂から見る絶景の景色にも病みつきになっていたようです。ネットで日本全国の「山」を調べて「次はどこに登ろうかな」と楽しみにしていました。

久しぶりに会った父は、すごく落ち込んでいました。

しかし、半年後、久しぶりに実家に遊びに行った時に見た父の姿は想像とは違うものでした。あんなに生き生きとしていた父が、すごく落ち込んでいるのです。「どうかしたの?」と聞くと「足が痛くて歩くのも億劫なんだ」とのことでした。

「怪我でもしたの?病院へはいったの?」と聞くと「病院行っても異常はないと言われた。でも、膝が痛いんだよな」というのです。その話を一通り聞いた私は、「もしかして膝の軟骨がすり減っているのかもしれない」と感じ、「グルコサミンでも飲んでみたら?」とすすめました。

しかし、父はグルコサミンサプリメントのこともどこで購入できるかもわからないようでした。そこで、父を連れて近所のドラッグストアに行き、DHCのパワーグルコサミンを私からプレゼントしました。

父は「なにこれ?」とびっくりしていましたが、私が、「これを飲めば膝の痛みが取れるから信じて飲んでみて」というと「そうか。ありがとう」と嬉しそうに言いました。

価格が安く手軽に購入できるのがDHCのグルコサミンの魅力でした。

DHCのグルコサミンにしたのは、なんといっても価格が安いことと、手軽に購入できるからです。もし、父が効果を実感した時には自分でも買いに行けるようなグルコサミンのサプリメントが良いと感じたからです。

DHCのパワーグルコサミンは、カニやエビの甲羅に含まれるキチン質を分解し、天然のグルコサミンを抽出したものです。また、弾力や柔軟性をサポートするコイドロイチンやコラーゲンも含まれています。グルコサミンの配合量も値段の割にはたくさん入っていました。

プレゼントしたグルコサミンサプリメントを毎日飲んだ父は、痛みもよくなり、今では自分でDHCのパワーグルコサミンを買っています。

その日から、毎日一日6粒を摂取した結果、なんと一か月後には膝の痛みが緩和してきたというのです。効果を実感した父は私の予想通り、DHCのパワーグルコサミンの二袋目を買いにドラッグストアに駆け込んだそうです。

半年たった今では、すっかり膝の痛みもなくなり、元気に山登りができるようになりました。父曰く、「グルコサミンを飲みだしてから、座ったり立ったりといった動作もしやすくなった」とのことでした。加齢とともに、痛む膝にはやはりグルコサミンが効果的です。私も、40代なので、そろそろ予防も兼ねて飲み始めてみたいと感じました。