関節なめらか研究所

変形性膝関節症の改善について

変形性膝関節症とは?

膝の痛みを感じ、膝に水(体液)がたまってしまう症状です。主に女性に多く見られ、男性の実に4倍となります。

初期症状としては、座った状態から立ったり、止まった状態から歩き始めるときの痛みなどを感じます。あまり激しい痛みではなく、しばらく休んでいると痛みも軽くなります。症状が進むと、階段の昇り降りや、正座をするときに強い痛みを感じるようになります。最終的には、膝の痛みが強くなり、歩くだけでも強い痛みを感じる様になります。足の痛みで、足をまっすぐに伸ばすことも、痛みによってできなくなることもあります。

痛くなる原因について

一番の原因は、足の骨と骨の間にある膝関節の軟骨が老化によって劣化したことによって起こると考えられます。他にも、肥満等の体重の増加によって、膝の関節に負担がかかり、軟骨が損傷したりすり減ってしまい、関節のまわりに炎症が起こったりすることが原因になります。骨折などの怪我で関節の軟骨が損傷したりして発症することもあります。

変形性膝関節症になりやすい人

圧倒的に女性の比率が多いです。1:4の割合で女性が発症しています。現在までの研究で、O脚と肥満が変形性膝関節症に関係があることがわかっています。膝の内側に負担がかかりやすくなるO脚は日本人に多く、変形性膝関節症になりやすいようです。肥満などによって、日あの関節に負担がかかりやすくなることも原因となりますので、変形性膝関節症になりやすいです。
怪我などで、膝の関節にダメージがあったりしたことがあると、関節に問題が発生することもあるので、変形性膝関節症になる可能性が高まります。
膝の関節は、特に注意が必要です。
特にO脚の人は、足の内側付近に負荷がかかりやすく、関節が注意が必要です。
肥満により関節に負荷がかかるのは問題です。さらにO脚で肥満傾向の場合は、膝関節に注意が必要です。